ペルー・ナスカ

ナスカの地上絵で有名なナスカ地方
はるか上空からではないと正確な地上絵がわからず、今だに謎が多い。

ナスカの地上絵は、ペルーのナスカ川とインヘニヨ川に囲まれた乾燥した盆地状の高原の地表面に「描かれた」幾何学図形、動植物の絵。 紀元前2世紀から6世紀の間に、「描かれた」と考えられている。 1939年6月22日、考古学者のポール・コソック博士により発見される。ドイツの数学者、マリア・ライヒェがこの地に住み着き、彼女を中心として、地上絵の解明作業と、保護が行われるようになった。

出典:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」

Copyright (C) You Tubeで見る世界の絶景ポイント. All Rights Reserved.